FC2ブログ

福島大学トラッククラブ

日清カップ全国大会

昨日は日清カップの全国大会でした。
TCキッズからは3名が出場しました。
5年女子100mの上澤鈴さん、男子走り幅跳びの熊田統弥君、女子走り幅跳びの齋藤珠理さんです。
この大会は各都道府県各種目の優勝者1名だけが参加できるかなりハイレベルな大会です。高校野球に例えたら甲子園に出場するようなものです。
さらに、初めての人たちとの慣れない宿泊、宿舎から競技場までの徒歩での移動、暑さや普段と違う独特の雰囲気に対するストレスなど、小学生にとっては過酷な状況の中での試合となります。

鈴さんは今年急成長して見事県代表になりました。全国の壁は厚く予選通過はなりませんでしたが、大舞台を堂々と駆け抜けました。極度の緊張も味わえたようですので、この経験を生かしてさらに大きく成長していくでしょう!
珠理さんが出場した走り幅跳びは5年生と6年生の共通種目です。47都道府県の代表で5年生での出場は珠理さんだけでした。つまり、今年日本全国で5年生が優勝したのは唯一珠理さんただ1人ということです。(男子で5年生は1人もいませんでした。)それだけ走り幅跳びは経験が大切な種目といえます。
そんな中、珠理さんは1本目に自己ベストタイ記録の4m37を跳びました。とにかく落ち着いた競技運びは立派でした。最終的にトータルで16位でした。全国の6年生と戦い16位というのはすごいですね!
統弥君は1本目にほんのわずかにファールになってしまいましたが、5mを越える大ジャンプを見せてくれました。2本目は落ち着いて、余裕を持ってやや手前からの踏み切りでしたが、4M80という好記録をたたき出し見事6位に入賞しました。踏み切り位置が安定するといつでも5mを突破できる力がついてきました。堂々の全国第6位です!!! 去年は女子走り幅跳びの佐々木夢奈さんが惜しくも9位で入賞を逃しましたが、今年は統弥君がその雪辱を果たしTCキッズ初の全国入賞です。

今年もTC小学生、中学生ともに全国で戦っています。全国でも勝てるようにするためには、全国で勝てるだけの記録を出せるようにすることしかありません。
いよいよ新学期が始まります。自分の目標をさらに高いところに置きがんばりましょう!

今日のTCはキッズとジュニアの合同練習でした。トンボが増え秋の気配は感じますが、まだまだ厳しい暑さが残っています。
県北の中学生は記録会と重なっているため4名だけの参加でしたが、小学生が多く集まりました。昨日の夜遅く福島に帰ってきた、統弥君も珠理さんも早速練習参加です。すごい意気込みですね!

これからスポーツの秋。みんなの記録もさらにぐんぐん伸びていくでしょう!!!
  1. 2013/08/25(日) 14:56:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マイペースのはずが・・・ | ホーム | 宮城県で>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://futc.blog.fc2.com/tb.php/35-a094f3a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)