福島大学トラッククラブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もうすぐ県大会!

現在キッズのメンバーは48人になりました。
3年生16人、4年生9人、5年生10人、6年生13人です。

昨日は、新メンバーもたくさん参加していたので、改めて学年毎に自己紹介をしてもらいました。
そして、新メンバーを中心にじゃんけんゲームやいろいろなスキップ、ストレッチング、スタートダッシュの構えなど基本的なことの練習を中心に行いました。
3・4年生もこれから大会参加をめざしてがんばってほしいですね。

県大会出場組は、日清カップの県大会も近いので、二瓶コーチから短距離走の極意を習いました。きっと県大会でよい成果となってあらわれるでしょう。
朝は快晴でどれだけ暑くなるの思っていたら、練習が始まって、どんどん曇ってきて、ついには雨が降ってきました。
涼しく気持ち良く練習はできましたが、雨が降ったりやんだり安定しない天気だったので、練習したり避難したりを繰り替えしながらの慌ただしい練習となりました。

今日は、ジュニアとアスリートコースの練習でした。
朝のうちは土砂降りでしたが、練習時間中はちょうど雨もやんでくれました。
しかし、蒸し暑く決して練習に適したよいコンディションとはいえませんでしたが、キッズもジュニアも県大会に向けての本格的な種目練習をしました。
本番に向けてしっかりコンディションを整えて自己ベスト更新を目指してほしいです。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/29(日) 17:34:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本一幸せな子どもたち!

日本陸上、3日間の中でたくさんの感動がありましたね。

今日はサブイベント・ふくしまリレーズ。
こちらの大会でも出場したみなさんからもたくさんの感動をもらいました!

女子リレー(高橋楓果・小谷斗彩・熊田小町・齋藤珠理)優勝!
タイムもびっくりの56秒16!県内の強豪チームを抑えてのTC初優勝です!!!!
男子リレー(佐々木柊・二瓶琉佳・管野龍馬・佐藤己朗)TC男子リレー初の59秒台!
5年生を主体としたチームです。来年が楽しみですね!
リレー練習の回数は少なかったですが、世界陸上でリレーを経験している二瓶コーチの直々のご指導の成果があらわれましたね!
そして、リレー競技は、やはり個々の毎日の努力の結晶ですね!

1000m(佐々木柊・佐藤大介・三浦恵都子・寺島千尋)
みんなすばらしいラストスパート。
最後まで力を出し切る姿に感動!
そして、全員自己ベスト大きく更新。
千尋さんは3分46秒52で見事5位入賞!!!

子どもたちの世話をしてくださった保護者の皆様、いつもいつもありがとうございます。
これからも子どもたちのとびっきりの笑顔をエネルギー源としてがんばっていきましょう!!!

私は3日間とも砂場種目の計測者をしていたので、ずっと観客の方を向いて仕事をしていました。
そんな状況だったからこそ応援の力を改めて感じさせられました。
特に今日は雨にも関わらず、スタンドはほぼ埋め尽くされていて、傘を広げる隙間もないくらいでした。
そして、競技を観戦して盛り上がっている観客からは、すごい熱気が伝わってきました。
スタンドをただ見てるだけでも、会場の雰囲気や声援が選手たちにどれだけ大きな力を与えているのかを肌で感じました。
今日出場した小学生も、大勢の人々に見守られながらの競技をして、普段よりがんばる力が湧き上がってきたことと思います。
そして、応援をしてくれている多くの人々と、本気を出して競技できた自分に感動したことと思います。
子どもたちみんないい笑顔をしてましたよね!!!

みなさん、実はこれらの感動をくれたのはすべて我らの川本監督のおかげなのですよ。
川本監督はこの日本陸上誘致にあたって、分厚い陳情書を作成したり、毎日あちらこちらに出向いたりして、福島県民を盛り上げていきいました。
そして、並々ならぬ行動力で福島県を動かし、最終的に日本陸連をも動かしました。
正直言って日本陸上福島県開催なんてどう考えてもあり得ないことです。
川本監督は子どもたちに目の前で本物を見せたいという強い思いから、その不可能を可能にしてしまいました!
やはりカリスマ監督ですね!!

日本陸上を見学したみなさんは、いつも何気なく大学にいる選手のみなさんがどれだけすごいのかも改めて感じることができたことと思います。
毎週、日本一の監督のもと、日本のトップアスリートと同じグランドで練習できるTCのみなさんは、絶対に日本一幸せな子どもたちですよ!
みなさんも、不可能だと思えることもどんどん可能にしていけるようにがんばっていきましょう!

子どもたちにとって、日本のトップ選手たちと同じ場で競技ができたこと、この日本陸上を目の前で見ることができたこと、プレゼンターとして優勝者たちと交流ができたことなど、一生の宝物になりましたね。

10年後にはこの子どもたちが、今度はみんなに感動を与える競技者になってほしいですね!



  1. 2014/06/08(日) 22:35:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。